住宅ローンの印紙代について

すべての契約書には、印紙の貼付が義務付けられています。
住宅購入にあたっては、土地代金であれば土地の売買契約書を取り交わします。建物を建てるにあたって建築工事請負契約書を作成します。住宅ローンを組むにあたっては住宅ローンの契約書として金銭消費貸借契約書を作成することになります。これらの書類には、印紙税という税金を払う必要があります。住宅ローンの金銭消費貸借契約書が作成時には、所定の金額の印紙を購入して用意することが必要です。印紙は、最寄りの郵便局ないしは司法書士の事務所で購入することができます。金銭消費貸借契約の締結にあたって印紙を契約書に貼付して押印します。
印紙税の軽減処置について
租税特別措置法により軽減されるのは、建築工事請負契約書で対象金額が1千万円を超える場合に軽減されます。1千万円を超え5千万円までは通則では2万円のところを1万5千円に軽減されています。
この軽減措置の対象となる印紙代は、住宅ローンには適用されませんので注意が必要です。
住宅ローンの金銭消費貸借契約書に必要な印紙代は
500万円を超えて1000万円以下の場合 1万円
1000万円を超えて5000万円以下の場合印紙代は 2万円
5000万円を超えて1億円以下の場合の印紙代は 6万円となります
住宅ローンには、その他にも諸費用がかかります。諸費用ローンを組むという方法もありますが、頭金を準備するにあたって、どんな経費がかかるのかを住宅ローンシュミレーションしてみることをおすすめします。より安全に住宅ローンの月々の負担額を抑えるために諸経費は事前に用意されることをお勧めします。

Article by Spain

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.